任意整理後の借入が一生できないわけではない

一度するとお金を借りる術は少ない

新たな契約には、さまざまな制限が設けられています。 しかし、一切行えない、任意整理後も一生できないクレジットカードが作れない、という趣旨のものではありません。 この制度は金融機関等からの借金による債務を合法的に整理し、無効とさせる手続きの事を指します。 とは言え、金融機関等から借入を行った事実は残っていますので、手続きを踏む事により、以後は金融事故の扱いを受ける事になります。 また、自己破産などのブラックとは異なり、任意整理後は裁判所を通さない示談のような簡略化した手続きとなるため、非常に簡単だと言われています。 しかし素人が自身で行うにはハードルが高いため、資格を持っている弁護士や司法書士に依頼するのが今では一般的です。

お金がない【どうしようもない緊急に必要】すぐに誰にでもできる

借入制限は任意整理後と自己破産では同等に扱われる

審査にパスする緩い所を探すのは大変

任意整理後に新たにお金が必要になり、追加で融資を受ける手続きを行いたい場合もないとは言えません。 しかし、残念ながらその後は一定の期間を経過しなければ、ブラックとして即日の融資を受ける事はできません。 当然、クレジットカードを複数枚作る事も、銀行の窓口でローンを組む事も一切できません。 そういった意味では、自己破産の最低の状態と何ら変わりはないのです。 任意整理後は、できれば新たな消費者金融からの借金を作る行為はしないのが選択肢としては確実で賢明です。 金融機関等から借りたお金を綺麗に返さず、債務を合法的に逃れるための正式な手続きを踏んだのですから、その後は借金のない平穏な生活を送るのが筋と言えます。 「借金というのは、毎月安定した収入があり返済能力が十分にある人が行うものだ」と言う全うな意見を言う人がいますが、その通りです。 返済能力のない人の行う無謀な上限のない借金は、悪意のある犯行の踏み倒しを前提としたものでしかないのです。 もっと言えば、最初から犯罪性の高い詐欺に近い無謀な行為だとも言えるのです。

時効


携帯 分割

ブラックが任意整理後は借入できない期間は普通は5年

全うな金融機関ではほぼ借りれない

新規借入が不可能な期間は、任意整理後では借金が電子記録に残る為に一般的には5年と言われています。 逆に言えば、交渉による示談の手続きを終えてから後5年を過ぎてしまえば、また新たに融資を受ける事も、クレジットカードを作る事も、複利の長期ローンを組んで新しい車を買う事もできてしまうのです。 ちなみに、自己破産の場合の新規借入不可能期間は、最低7年とされています。 これは、その期間を無事に経過すれば個人信用情報機関に登録されているブラックの延滞の事故情報が自動的に抹消され削除されるためなのです。 ただし、このような状況に至った際の情報は半永久的に残るため、同じ金融機関からの継続的な多額の融資は二度とできないと思って間違いありません。 それだけチェックして忘れずに心得ておけば、どうしても結局はそれに越したことはありません。 その任意整理後でも新たな借金やクレジットカードの契約を自分で行う事は可能です。 ただし、現在の貸金業法によると、世帯の年収の3分の1以上の金額がある場合には、こうした新たな融資が行えないようになっているため、年収によっては希望額が満足に借りられない可能性もあるようです。

ETCカード 審査なし

任意整理後の5年を待たずに借入するとどうなるか

5年というのはJICCで任意整理後の記録が綺麗に消える期間になります。 クレジットカードのCICは細かく見ると5年経過しても任意整理後であることが審査でばれてしまうことがあります。 クレジットカードと借入の申込では、ブラックでも5年以内でも大丈夫なことも実際ありますが、どちらがというのは申込んでみないと分かりません。 それはブラックなのに申込むと何が起きるかというと、申込をしたという事実が自動的にJICCやCICに翌日から半年間記載されるだけです。 どうせ借りれないなら、債務整理後の長い5年を待たずに申込んでも1件くらいなら、その後に不利益になることはありません。 審査に甘いクレジットカードは楽天やイオンになりますので挑戦してみても良いと思います。 消費者金融はブラックならどこも審査の甘さは同じですので迷う必要もないです。

ブラック借入融資

このページの先頭へ