ブラックな人の携帯の分割による購入は可能か

一括で買うには高価な価格です

ブラックだと、スマホや携帯の分割やリボでの購入ができないと思っている人が多いようですが、実はそうではないようです。 携帯ブラックが何年で消えるというのではなく金融の話とは別になります。 クレジットカードや金融機関などで登録されてしまったとしても、だからといって一括が絶対で100%携帯電話が分割で購入できないわけではありません。 現に、金融機関等で金融事故を起こしてしまっていても、携帯電話を購入している人も大勢いるのです。 ただし、分割を希望する際に、保証会社やクレジットカード等の審査を行わなくてはならない場合、属性の理由で即日に断られる可能性があります。 ですから、金融機関等でブラックになっていても、タブレットやスマートフォンやガラケーを分割できている人のほとんどは、ローンやクレジットカードを通す審査を受けているわけではないという事です。 つまり、携帯電話会社独自の審査を無事にパスすれば、これは割賦のローンで購入ができるという事なのです。 そして、au、ドコモ、softbankなどのスマホの審査にパスするためには、通話料や利用料の支払いに滞納がない事が前提になっているのです。

ブラック借入融資


ソフトバンク携帯分割の個別信用購入あっせん申込書

携帯の各社が新規の申込やスマホの機種変更で分割払いを希望された際の審査の方法は「二重」と言われています。 一つはその会社での携帯の毎月の使用料金等で延滞や未払いがなかったを調査されます。 もう一つは、二年の分割になることで割賦販売法に引っ掛からないように、クレジットカードでのブラックや借入がなかったかどうかを調べます。 これは他社のデータの不備がないかを参照する必要があるので、申込者に信用情報の取得を許可して頂かないと勝手にはソフトバンクやauやドコモでも出来ません。 その際の同意の書類が上記の画像の「個別信用購入あっせん申込書」になります。 この基準でブラックとして引っ掛かるケースとしては、楽天やイオンなどのクレジットカードで買物して何回か返済日に支払ができなかった場合です。 携帯やスマホを分割の独自審査で、既存のカード情報の履歴が買えないかどれだけ厳しくみられるかは各キャリアの会社によって異なるので、1回でも延滞があったからと言って絶対駄目とも限りません。 借入などの審査基準と異なって申込ブラックになることはなく、照会した履歴は自社だけだと思われます。 また携帯の本体を一括で購入する場合は審査もなくスムーズに事が運びます。

ETCカード 審査なし

携帯ブラックという厄介な状態もあるようです

黙って他社に移動できないような戦略です

モバイル会社では、通話料や利用料金の滞納に関する審査の為に他社との顧客の情報をリアルタイムで相互に共有しています。 そのため、過去に滞納があると、利用している電話会社を変更する時にさまざまな制限をつけられてしまう事があります。 このような月賦で買えない状態の人を、携帯ブラックと業界では呼んでいて、何年で消えるかというと5年が基本です。 そのような硬直状態として扱われるようになってしまうと、新規契約および機種変更したい場合にローンという形で購入を門前で断られる通らない理由になってしまいます。 例えば新機種などを分割で購入しようとしても「現金一括でなければダメ」と割賦の審査の時に冷たく言われてしまうなどです。 また、au、ドコモ、softbankの3社でスマホが主流となった近年、分割で事故を起こし携帯ブラックに自動的に登録されてしまう人が急増していると言います。 これまでの商品とは異なり違い、使用料金が高額となる事やアップル社のiphoneなどのように端末自体の価格が高額である事などが主な理由となっているようです。

時効

CICの信用情報を見ると携帯の分割の内容が分かってしまう

信用情報開示というネットや窓口や郵送でクレジットやローンの自分の履歴を5年以内なら見れてしまう制度です。 スマホや携帯の本体を2年間の分割で購入すると、割賦販売を利用したことになり「残額」「毎月の入金漏れ」などが分かってしまいます。 ドコモで分割審査が通らなかったからソフトバンクで試すということは基本的には無意味どころかマイナスになり一括でないと買えません。 CICに載る情報は「携帯の本体代金」「現在の残額」「分割回数」「過去5年の毎月の支払状況」です。 審査時に携帯会社はお客様のCICを見てブラックかどうか判断するのだと思います。

2ch

携帯の電話会社によって分割の審査方法が違うこともある

au、ドコモ、softbank共通ではない
新規契約および機種変更などで、スマホを2年分割で購入をする場合、携帯電話会社独自の審査を受ける事が多いようです。 と言っても、月賦のローンやクレジットカードによる審査とは内部の仕組みが異なり、通らないブラックでないか等、簡単な審査である事がほとんどのようです。 そしてその代金は一括とは違い、毎月の通話料や利用料金と共に一緒に支払われています。 ですから、金融機関等でブラックになっていても、電話の端末機本体を月賦のローンで購入する事は可能なので、何年で消えるかというと最長で5年です。 しかし、最近は携帯の分割による購入の際に個人信用情報機関の信用情報を敢えて照会する事が多いのです。 これが金融機関等で滞納によりブラックになっていると、CICで調査され契約できないと断られる場合があるようです。 特にインターネットの口コミなどを探してみると想定や割とイメージしやすいストーリー性のCMで人気のソフトバンク社はその傾向が他2社より強いと言われています。 新機種がドコモやソフトバンクやauから次々と発売されるのとは逆に携帯の機種の変更の手間やプランの途中での解除による違約金などはどんどん難しくなってきています。

任意整理後

このページの先頭へ