ブラックの時効は存在するのか

個人で信用機関を調べることもできる

ブラックの時効は、債権の種類によっても異なりますが、一般的な会社からの借入やクレジットカードの利用代金などの場合は、5年とされています。 世間一般で言われるブラックリストという「物」は、実は存在していません。 金融事故の詳細が個人信用情報機関に登録される事を「ブラック」と呼んでいるだけで、それらをリストにした物が存在しているわけではないのです。 しかし、ペーパーでのリストが存在していないというだけであり、データベースとしては情報が自動的に登録され、これが削除されないで残っています。

任意整理後


ETCカード 審査なし

ブラックとして登録されたとしても時効がある

時効までは不便で審査は難しい

様々な刑事事件にもあるように、ブラックにも確実に時効があります。 一般には、銀行や信販会社・クレジットカード会社・その他金融機関等への返済が滞ったための登録だった場合、最後に返済を行った日から5年が経過した時点で主張する事ができます。 ただし、金融機関側によって訴訟の申し立てが行われた場合や、地域の裁判所によって支払いの督促や命令が出された場合は、消滅まで5年ではなく10年となります。 請求に対する返済をせずに待っているだけでは、自動的に時効の成立にはなりません。 債務を毎月返済する事が出来ずそのままにしてしまった、いわゆる意図的な払う気がない踏み倒しの場合でも、債務の種類ごとに定められた一定の期間を経過すれば、主張する事が可能になります。 ただし、ただ期間が経過するのを受け身でじっと待っているだけでは、ここでは晴れて成立とはなりません。 ブラックの法的な時効を完璧に成立させるためには、売買契約を正式に書面で交わした債権者に対しての手続きを正式に行わなければなりません。 しかしこのように非常に複雑な手続きとなるため、司法書士などの法律の専門家に有料契約で電話で依頼するのがベストと言えます。 もし間違った手続きをミスで行ってしまえば、こうした削除は永遠にどのような行為でもこれは不可能となってしまうため、注意が必要なのです。

携帯 分割

時効の後も情報が自動的に削除されずに残る事もある

現代情報社会では筒抜けも考えられる

債務の内容ごとに定められた期間を経過した上で決められた手続きを段取り良く慎重に踏めば、債務は法律上の時効が成立し、またブラック情報も最終的には消される事になります。 しかし、全ての詳細が自動的に即日で削除されるとは限りません。 金融事故、つまりブラック個人信用情報機関CICやJICCに勝手に登録されており、一定の期間(通常は5年)が規約通りに無事に経過すれば綺麗に消滅される事になっています。 しかし、経過による時効の成立によって返済がなされなかった迷惑を掛けた企業では、半永久的に利用者の情報は汚点のマイナスのデータとして残されると言います。 そのため、個人信用情報機関ではもう事故者扱いでなくなり、他の大手の金融から多額な借入を新規に行う事が可能になっていても、こうして以前に返済を行わなかったその金融からは、二度とお金の借入を行う事は出来ないと言う事なのです。 また考え方としてその期間が終了したからと言ってまた新規の借金をプラスで作ってしまっては意味がありません。 次回同じことをしようとしても今度は誰も周囲が助けてくれない可能性もありますので、今の考え方を改め融資を受けずに普通に平穏に暮らしていく方法や術を身につけなくてはいけません。

ブラック借入融資

このページの先頭へ