ブラック入りした人のカーローンでの調達

高速道路の割引が可能になります

ブラックになってしまった人でも、審査なしでETCカードを持つ事はできます。 種類としてはクレジット機能を持たないETCカードです。 個人信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまっている、いわゆるブラックの人は、即日で審査が通らなく持つことなどできないと思っている事が多いでしょう。 理由としては通常クレジット会社などが発行する事が多く、クレジット機能を持った商品だからです。 しかし、最近ではクレジット機能を持たないETCカードが登場し、これが多くの利用者を確保しています。

ETCコーポレート、パーソナルカードなら断れることはない

渋滞などの回避にも繋がります

東・西・中日本高速道路株式会社の発行しているETCカードで、クレジット機能はついていません。 ですから、一般的なクレジットカード契約なども行われず、当然、審査も行われません。 これなら個人信用情報機関にブラックとして登録されてしまっていても、無下に断られる事はありませんので、基本的にはを持つ事が可能になります。 コーポレートは登録車を事前に限定します。 通常のETCカードは、車載器があればどの車で利用する事もできます。 しかし、コーポレートカードの場合は、使える高級な車を最低の1台に限定して最初にナンバーを陸運局に書面で登録しなくてはなりません。 つまり、出先でレンタカーに使う事も、2年に一度の車検の時などに一時的な代車で使う事もあります。 国内の旅行などの際に親族や友人の車で使う事も、基本的には一切できないのです。

カーローン

基本的には通常のETCクレジットカード商品より条件は良くない

割引率を考えると節約に繋がる

ローン会社やクレジット会社との契約をしなくて済むため、ETCコーポレートおよびパーソナルならブラックの人でも審査なしで持つ事が過去はできました。 しかし、一般的な商品と比べると、その条件はあまり良いとは言えず、メリットは「ブラックでも無条件で持てる」事だけとも言われています。 契約の際に保証金の積立が必要な場合があります。 コーポレートを確実に持つためには、最初に名目として信用を得る為にETCカードの保証金を数万円別途で支払わなくてはなりません。 先払いの保証金は安くなく、最低の金額でも10万円からとなっています。 また、種類としてパーソナルカードを初めて持つためにも、最初に預託金をキャッシュで一括で支払う必要があります。 しかしこれは平均利用金額に準じた預託金を支払う事になるため、申込む人によって異なります。

携帯 分割

ブラック以外の人には利用するメリットがない

できるならサービスが多い会社と契約

ブラックでも関係なく持つ事のできる商品のETCコーポレートおよびパーソナルは、あらゆる場面で臨機応変に使う事ができないため、一般の人には不便でしかありません。 しかし、ローン会社やクレジット会社との書面による契約がないため、ブラックの人には非常に助かるアイテムと言えます。 ですが、コーポレートでは利用できる所有の車を自分で限定して登録しなければならなかったり、これとは別途で保証金が必要だったりします。 一般のETCカードなら利用額に応じて得られるポイントや各種サービスがないなど、特別な審査はないですがさまざまな諸条件による制限や規制が多いのも事実のようです。 一度でも躓いて金融事故を起こしてしまった方は現代社会では不便になってしまう事が多いので注意をしなくてはいけません。 いくら契約書の指定日にATMでの入金を忘れたからと言って小さな額でもほったらかしにしてしまったら、ほとんどは結果的にこのような状態になってしまいます。 自動引き落としの場合は口座の残高を随時チェックし確認しておきましょう。

ブラック借入融資

このページの先頭へ