ブラック融資


ブラックの借入や携帯やETC、カーローンなどについての情報

ブラックの融資に時効はあるのか?

個人信用情報からどれくらいで消える?

金融事故を起こしてしまった方は個人信用情報機関に登録されますが、借入の情報が消えることはあるのか?その期間はどれくらいなのか。

時効


カーローンは組める?

新車や中古車購入の際の割賦購入は可能か

新車や中古車を購入する際に審査は無事に通るのか。

カーローン


ETCカードは作れるか?

高速道路の割引を利用したい場合

ETC機能のついているクレジットカードの契約はブラックでも可能か?

ETCカード 審査なし


携帯を分割払いで購入する

最新のiphoneやスマートフォンの購入

最新機種のスマートフォンやiphoneは一台5万円以上の価格帯が当たり前になってきていますが、ブラックでも購入は可能か。

携帯 分割


過去に金融事故を起こした事のあるブラックの方の借入

当然ですが審査は難しい状態です

ブラック借入は、世間一般的には安全なところは無理であるとされています。 しかし、インターネットや街中の広告には「即日でブラック借入が可」とするものが多く、口コミでも利用者の混乱を招いています。 金融事故の重度にもよりますが、自己破産や債務整理の場合は大手や知名度の高い消費者金融や銀行などは申込みは可能ですが、融資の審査に通ることは非常に難しいと言えます。

実在するブラック融資のソフト闇金を紹介

上記の画像は2016年5月現在で存在する自ら「ソフト闇金」と宣伝しているローンズという会社の実在するホームページです。 ブラックでも借りれる融資の成約率が95%以上で即日対応とのことで消費者金融ではありません。 貸金業登録が無いだけでなく、営利で商売するにあたって必須の特定商取引の記載もありません。 電話番号もなく、申込フォームからコンタクトを取ってやりとりを開始するとの口コミです。

  • 来店不要で即日で20万円まで
  • 身分証明書があり在籍確認が取れればブラック融資可能
  • 金利は1週間で4割

取得した中古ドメインを調査すると三か月前に立ち上げたばかりで、お名前ドットコムに代理になっていて所有者が不明です。 闇金の場合は、足が付かないように無料のサブドメイン等を利用して直ぐ逃げることが多いのですが、独自ドメインを取得している不思議なところです。 文章の内容が日本語がおかしく、外注のアルバイトか何かに適当に書かせたような感じです。 無職でお金に困っているブラック融資を即日で希望の人にとっては口コミや内容を見ないで借入の申し込みをするだろうと思い適当な作りなのでしょう。

ブラックと括られる層の意味や内容とは?

ブラックと呼ばれる事故情報

言葉の意味としては個人信用情報機関に金融事故の情報が登録されている事を指しています。 具体的には、多額の借金・複数の金融機関からの借入の返済を滞納し続けていたり、自己破産した、などの個々のプライベートの情報を言います。 基本的にブラックでも融資可能で借りれるのはあり得ないのは「返済もしない人間だ」「貸してはいけない」といった意味合いのものではなく、利用者が多額の債務によって身動きの取れない状態になる事を防ぐためであるとも言え、貸し手・借り手双方のリスクを考慮しての事だとも考えられます。

1度くらいの借入の滞納ではブラック登録はされない?

滞納の期間やいつ返済したかも重要

ブラック借入が非常に困難となるのは、金融事故の情報が個人信用情報機関に即日に登録されるためです。 通常であれば、1度くらいの短い返済滞納があってもいきなり悪意ある未納があったとして扱われる事はありませんので利用可能です。 つまり、返済の滞納がたびたび何度も繰り返された利用者に対して取られる措置が登録であるためです。 当日の融資申込では「ブラック借入の申し込み」と必要以上に警戒されるとの口コミです。

3件規制というものがブラックに関わらずあると言われています

複数社にあるとどこでも不利です

金融業界には、自主規制の一つとして「3件規制」と呼ばれる鉄則のルールが存在していてブラックでも借りれるは嘘になります。 3件規制では、「他社からの借入が3件以内でなければ融資はしない」と定めているため、他社で4件の借入がある利用者に対しては無職でなくても即日での融資をお断りする事になっています。 たとえ、1社につき1万円の融資を合計4件だったとしても、ケースによっては即座に断られます。 と言うのは、業界には「金額ではなく、登録している件数を重視する」という独特なルールが存在しているためで、3件規制もその一つと言えます。 特にブラック借入を希望する人は、他社の返済のために新たに他で融資をするという傾向が口コミでは見られ、借金が借金を生み、雪だるま式に負債が増えて行く…これを防ぐ目的でもあるのです。

ブラック借入が可という金融機関は安全ではない?

基本的には闇金と考えていいでしょう

プロミスやアコム、レイクなどの知名度の高い消費者金融の審査に通らない不特定多数の方へ融資をするのは業者側にもリスクがあります。 完全に回収する事ができる自信がある(どんな手段を使ってでも利益を出す)ような所は、未登録の怪しい会社が多いので注意をしましょう。 銀行などの一般的には、登録された利用者の融資は不可能となります。 しかし中には、即日ブラック借入が可とする金貸しも多数口コミにて存在します。 こうした金融機関のほとんどは法外な利息を強引に請求してくる、いわゆる不正な無登録の闇金であると考えるのが賢明です。 また、ブラック借入が可を堂々とうたっている貸金業では、それほど大きな金額を借入する事は出来ない場合がほとんどです。 ただ、どこからも融資ができず困り果てている無職にとっては、すごく悲しいことに安全な救いの神に見えてしまうというのが現状のようです。

全国のブラックな状態な人の内訳

上記の円グラフは、現状で融資可能なブラックが300万人いると言われていることを基準として算出した2016年での統計になります。 個人の自己破産は、年間で13万人いるので7年間は余所から借入ができない状態にあるので、合計で90万人という簡易的な計算になります。 同様に任意整理の件数が年間で2.5万人なのでトータルでは18万人ほどになります。 問題なのは、正規な即日の融資の手続きを踏んでいなく自然に認識なくブラックでも借りれると思っている口コミが全国で64%にも昇ることです。 数ヶ月の遅延や踏み倒し、故意でなくても知らずに誤って登録されてしまっている人が実に多いことになります。 統計では消費者金融を利用している方の16%が資金繰りに行き詰る計算になるので、現段階ではこうして余所から当日にお金を借りることが可能なのは考え物になります。

2ch

世間的に信用がない状態であるブラック借入

悪い言い方をすれば融資できない、遅延なく返済ができる信用力(収入や実績)がないというのがブラックという状態で当然ですが借入の審査に通る難易度はアップします。 無職のように心当たりがある方はまだ良いですが、自分でもなんでそうなってしまっているか原因がわからないという方は調査してみる事を一番にお勧めします。 なぜなら、将来的に安全で大きな融資を受けることを視野に入れている方はこの問題が解決しない限りいくら銀行に申請をしても時間と手間の無駄になってしまいます。 個人信用情報機関でお金を支払って開示する事で今の自分の状態がどうなっているかを書類で確認することができます。 現在の年収や職業、勤務年数などで問題が見当たらないという方も、問い合わせて開示をしてみるといつのまにか消費者金融でブラック借入となってしまっている場合が頻繁に見られます。 その中でもうっかりミスで口座の引き落としができなかったパターンは非常に多く注意しなくてはいけません。 たった数十円がきっかけでも返済をしていない事で信用を無くし、これで本当に即日で消費者金融の借入をしたいときにブラックでも借りれると思ったが駄目だったというのは頻繁に起こるよくあるケースです。 またそのような小さな事でも世間的には信用できないというレッテルを一方的に勝手に張られてしまうのです。 将来を見据えて先を見て一番の解決策はそれでも融資してくれる業者を探すのではなく、所謂クリーンな真っ白な状態に戻すことが重要で、そうなることで選択肢は一気に拡張する事が可能です。 基本的にどんなに困っている途方に暮れそうな状況でもブラック借入は不可能と考え、違う方法を口コミで探す方が無難で一般的でそれがその段階での最良策となります。


任意整理後の借入について

融資の審査はどうなる?

どうしても借金の返済が困難になったり、生活をしていく事自体が難しくなってしまった場合には選択肢としてあります。 しかし、行った後に再び金融機関に借入を行う事はやはり難しくなってしまいます。


任意整理後

このページの先頭へ